🇨🇳中朝国境ー丹東ぶらり旅2泊3日ー3日目

”中朝貿易の現状と 北レス 従業員との交流”

今回は、中朝友誼橋の目の前にそびえる丹东中联大酒店の宿泊記並びに、 北朝鮮レストラン でこ北朝鮮美女にインタビューした内容を記します。

当日は、朝からホテルの部屋或いは橋周辺から中朝貿易の現状を観察していました。

昼以降、北朝鮮レストラン (以下北レス)をはしごして各店舗で北朝鮮美女と中国語を用いて北朝鮮の現状や彼女たちの境遇について伺いました。

今回は北朝鮮の実状にもう一歩迫ります。

スポンサーリンク



目次【本記事の内容】

√ 中朝友誼橋概要

北朝鮮レストラン

中朝友誼橋は、中華人民共和国遼寧省丹東市と朝鮮民主主義人民共和国平安北道新義州市を結ぶ橋。

橋の上には道路や線路が通っており、有効な出入国書類(パスポートやビザ、中朝辺境地区出入境通行証など)があれば、自動車や鉄道で中朝国境を行き来できる。

なお原則、歩行者が歩いて橋を渡ることはできないため、タクシーを利用することになる。(Wikipedia引用)

√ 丹东中联大酒店 宿泊記録

<Bless Youth Hostelから丹东中联大酒店へ移動>

10:00 ホステルで朝ご飯を済ませて行動開始。

ロール焼売と、カフェオレ(ほぼ牛乳)で35元。

味は一言で言うとまずい。朝からぼったくられて1日がスタート。

本当は美味しい朝ご飯を提供しているそうだが、美味しいメニューは全て在庫を切らしており、たまたまタイミングが悪かったらしい。

ただ、部屋から数百メートルで北朝鮮という不思議な感覚を味わえる利点はあります。

▼気になる方は下記リンクを参照ください!

Bless Youth Hostel

11:00 217番バスに乗り、10分後斷橋バス停で下車(1元)。

バス停から徒歩数分で丹东中联大酒店に到着。

そこで気づいたのはホテル前だけ交通量がすごい。

丹东中联大酒店紹介

北朝鮮レストラン

住所:62 Binjiang Middle Rd, Zhenxing Qu, Dandong Shi, Liaoning Sheng, 中華人民共和国 118000

丹東が誇る4つ星ホテルである。日本人も泊まるそうだが、記者やジャーナリストしか泊まらないらしい。

私は記者に間違えられたが、ただの興味本意で来たと話したら大変珍しいのか、かなり驚かれた。

北朝鮮レストラン

ホテル内の旅行会社で北朝鮮旅行の手配も行っております。

北朝鮮レストラン

ホテルに入ると巨石がお出迎え。

左手に受付があり、宿泊料1泊280元と、デポジット500元を取られる。

現金が足りない際は、受付横の中國銀行のATMで現金を下ろせます。

北朝鮮レストラン

8階の部屋で、中朝国境を独り占めできます。

天気が良くて対岸がはっきり見えました。

日本の記者はこの部屋にカメラを設置してニュースを中継しているのであろう。

北朝鮮レストラン

この白い椅子に座ってのんびり眺めていました。

橋を貨物トラックや、列車、乗用車が昼夜往来する様子を見て、中朝貿易の7割がこの橋を通っているという実感が湧く。

北朝鮮レストラン

一泊280元(約4500円)でこの広さと、望遠鏡付き。

部屋の中にある水が足りなかった場合、清掃のおばさんに薬飲むから余分に欲しいと伝えると数本追加でもらえます。

当日は、外をフラフラ散歩しては、マッコリや丹東名物イチゴを買ってきて部屋でのんびりしていた為、丹東友谊大桥の交通量の変化、橋を渡る中朝貿易の貨物量の多さ、対岸の様子など、今後見る機会がないであろう景色を眺めていました。

北朝鮮レストラン

朝焼け。さすがに貨物の往来はない。朝6:30前後。

北朝鮮レストラン

昼から様子を見ていたが、貨物トラックの往来は絶え間なく続いており、平壌からの列車も垣間見れた。

奥の煙突は旧王子製紙の工場である。

旧満州国、韓国併合時代の遺物が未だ残っているのも確認できる。

北朝鮮レストラン

途中で橋が切れている断桥。

日本軍が戦前建築したものだが、朝鮮戦争時にアメリカ軍によって破壊された。

現在は観光地化されており、橋の途中まで歩行可能で、近くて遠い国:北朝鮮を眺めることができる。

北朝鮮レストラン

右のマッコリは北朝鮮産だと伺ったので買ってみたが、詳細を確認すると生産地ソウルって記載があり、騙されたと気づいた。

イチゴは20こ弱入って日本円で400円ほど。 両方とも美味でした。

13:00 友人と合流。

大連経由で合流してくれました。ありがとう!!休憩後、昼飯を食べに北レスへ赴く。

フロントにお願いして、ホテルロビーにて思いつくだけの北レスを紙に書いてもらいました。

下記の通りです。

<丹東の北レス一覧>

  1. 柳京酒店(閉店)
  2. 安东宴
  3. 江滨酒店
  4. 三千里(閉店)
  5. 松寿园
  6. 阿里郎
  7. 一马路周辺
  8. 丹东高丽馆

結局上記北レスの内、三軒に赴きました。

下記は、丹東滞在中にはしごした北レスおすすめランキング!!

√  北朝鮮レストラン ランキング!

3位 松涛园  

場所:中朝友好大橋から鸭绿江沿いを月亮岛方向に向けて歩くこと10分で到着。

営業時間:11:00〜14:00

北朝鮮レストラン
北の国旗と中国の国旗が少々きみ悪い光を放っている。 カーテンで店を覆っており、なんか閉鎖的な店構え。

店に入ると、民族衣装チェマチョゴリを着た朝鮮美女が出迎えてくれる。

二階に案内され、個室に案内されました。

接客態度が、非常に悪く常にムスッとしていて、常に居心地が悪い印象だった。

恐らく部屋に盗聴器があり、日本語を耳にして態度を冷たくしたのか、或いは客と交流しないよう教育を施されているのか等考えられる。

北朝鮮レストラン
平壌海鮮粥

話しかけても全て「听不懂」。

冷麺をカットする時の沈黙に笑いそうになったが、店によって接客態度がかなり違う点に少々驚いた。

会計の際に出身を聞いたら平壌だった為、間違いなく北レスの一つだが、接客態度が悪すぎて低評価

ご飯は美味しいので、接客さえよければかなり優良な店。

北朝鮮レストラン
平壌冷麺。部屋にハサミで麺を切る音が響くくらい緊張感がありました。
北朝鮮レストラン
平壤海鮮餅(大阪焼では??)食べ慣れた安定の美味しさ。

2位 阿里郎 ★★ 

場所:中朝友好大橋から鸭绿江沿いを月亮岛とは反対方向に歩くこと10分で到着。

備考:夜7時よりパフォーマンスあり。

北朝鮮レストラン

周辺に朝鮮系の系列店が3店舗あり、そのうちの一つが当店舗。

人数が十分に集まらず結局開催されませんでした。

下の写真は狗肉汤(犬肉スープ)。

丹東高麗館と違ってホルモンのような食感。

暖かくもならないし、お世辞でも美味しいとは言えなかった。

北朝鮮レストラン

1位 丹东高丽饭店  ★★★ 

場所:丹東中聯大酒店から徒歩2分。「柳京酒店」の目の前。

備考:

・夜7時にパフォーマンスあり。

・大同江啤酒は、ラベルに番号の記載があり、②のものが一番美味しい。

・絶妙に甘酸っぱいキムチの製法は秘密らしい。

・うなぎが当店の一押しメニュー。160元(2560円)で丸々一匹食べれる。

・美人店員曰く、北朝鮮の牛肉が一番美味い。

・店で購入できるお土産は化粧品(500元)、置物(70元)。

North Korea Restaurant

すでに私が紹介済みのレストラン。

ご飯、サービス、店員の美人度全て満点の三方よしの北朝鮮レストラン。

結局この日2回目の入店となった。

前回何度か会話をした店員のリンちゃんが、前日に来店した私を鮮明に覚えていた為、他の店員の仲介に入り、他の店員ともすぐに打ち解けることができた。

加えて、友達が韓国語と中国語を交え、交流してくれたことで、より親しげに話してくれるようになった。

もちろん、彼女たちに한국어(韓国語)とは言ってはいけない。

友人は中国東北の朝鮮族から朝鮮語を習ったと言ったら非常に喜んでいた。

北朝鮮レストラン

仲良くなったお礼に名刺にサイン(イェンちゃん筆)と、ライターをもらった。

記念品になると思ったが、空港のイミグレで危険物として案の定回収されてしまう。

√ 北朝鮮美女たちの現状

私は北朝鮮レストランでは、警戒されない様に香港人と名乗り、日本人であることを伏せながら話した。

その為、著者は香港人であるという前提で下記をご覧ください。🇭🇰

彼女たちの現状は下記の通りである。

<境遇(仕事、娯楽、住まい、恋愛)>

1. 父母には手紙で近況報告をしている。

2. インターネットも携帯も持っていない為、私たちの携帯に興味津々であった。

3. 彼女らの中国滞在費用は、北朝鮮人店長が出してくれる(服、整髪、ご飯)。

4. 稼いだ額は帰国後にようやく分かるとのこと。

5. 彼女たちは、店の目の前のビル18階で共同生活をしている。

6. 朝8時から夜11時くらいまで働いている様子。

7. 結婚や恋愛は朝鮮人同士でないとできない。

私が「香港人と結婚できる?」と尋ねると、朝鮮人となら問題ないと返答。しかし、彼女の方から「貴方の様な香港人と朝鮮人は結婚できるの??」と聞いてきたので、なにやら満更でもない感じであった笑。

<交流を通しての気づき>

1. 少々の韓国語で交流可能。

朝鮮語と韓国語の間に少々の違いはあれど大差なし。

2. 店員の年齢は、22歳〜23歳で大学生。

店の中をじゃれ合いながら走ったりしてるのを見ると、どこの国も一緒なんだなと思う。

3. 미물(韓国語で파보)と言う朝鮮語を教えてもらった。

どうやら韓国語の中にはないらしい。

4. 店員の中国語レベルは人によってまちまちである。

やはり韓国語をある程度勉強してから行くと、より交流できるかと思う。

5. 北朝鮮音楽のミュージックビデオに彼女らは釘付け。

たまに彼女達は口ずさんだりステップを刻んだりして、毎日聞いているのに飽きないのだろうかと思ったが、彼女達にとって北朝鮮音楽が全てなのである。

PVはミサイル映像や金正恩を讃えるようなニュースでよく拝見するもの。

夢中になってTVを凝視している彼女達を見ると、洗脳教育の怖さを思い知る。

<まとめ>

北朝鮮レストラン
奇跡の一枚

北朝鮮の女子学生達が、中国丹東に出稼ぎに来て、完全にコントロールされた環境状況下で働いているのが理解できた。

彼女たちは現時点での環境が不幸だと思っていないように感じた。

無邪気に純粋無垢な笑顔で働いている姿を見て、何だか心が傷んだが、幼少期から自由の無い環境で過ごしてきた彼女達にとっては普通なのだろう。

ただ、何度救ってあげたいと思ったことか…(余計なお世話かもしれないが)

上海に姉妹店があるそうなので、イェンちゃん(2番目に仲良くしてくれた子)の名刺を携えて、世界各国の支店に挨拶回りしたいと思う。

北朝鮮レストラン
一番左上から北朝鮮産の清酒、羊のミルクの石鹸(すごい臭いを発しています。)、金正恩のバッジ、切手集、北朝鮮のお金。

√ 丹東街ブラ&風景写真

北朝鮮レストランはしごのついでに、丹東の街を散策しました。

♦ 高麗街

北朝鮮レストラン

高麗街入り口。ストリートにはハングル中文併記で店が立ち並ぶ。

変態が徘徊しそうなストリート。

昼間は丹東の若者が暇そうに大人の玩具の店の前でイチャイチャしている。

北朝鮮レストラン

北朝鮮旅行を扱う旅行代理店も店を構える。

北朝鮮旅行は基本アメリカ人、中国人、日本人は渡航不可能。

しかし、日本人は4泊以降の旅行プランなら行けるらしい。

興味ある方一緒に行きましょう!

北朝鮮レストラン

♦ 中朝友誼大橋付近

北朝鮮レストラン

中朝国境を示すプレート。天気は滞在中ずっと晴れで、対岸が肉眼でもよく見えました。

北の国境周辺にはタクシーが待機しており、渡航者が対岸の街である新義洲へ行くための足になっていると考えられる。

北朝鮮レストラン

この場所で北朝鮮グッズの売人に出会いました。

タバコは高いもので1ケース20元(銘柄は阿里郎等)安いもので5元(銘柄は白山等)。

一個10元の北朝鮮バッジや紙幣も販売している。

商品は北朝鮮で中国の品々と物々交換して仕入れるらしい。

職場の先輩によると、北朝鮮で稼いだ金の95%を国に持っていかれるらしい。

つまり、利益を上げては国に取られるので、北側の売人は物々交換していたと考えられる。

北朝鮮レストラン

今回は中朝国境の街、丹東へ赴きました。日本人が北に最も近づける場所。

日々のありがたみ、日本人として生まれたことに改めて幸せだと感じます。

旅行記を読んで興味を持った方、ぜひ丹東を旅してみてください。

√ 番外編 大連

北朝鮮レストラン

ケンタッキーのビニール袋を頭にかぶって喉を高らかに鳴らしている大連おばちゃん。この旅最大のカルチャーショックであった。

▼当記事の前編は下記です!

🇨🇳中朝国境ー丹東ぶらり旅2泊3日ー2日目
🇨🇳中朝国境ー丹東ぶらり旅2泊3日ー1日目

2件のコメント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。