🇵🇭セブ島オスロブでジンベエザメとの遊泳体験!

“ジンベイザメに大接近!

今回は、フィリピンのセブ島オスロブで体験できる「 Whale Shark Watching 」について綴っていきたいと思います。

オスロブでは、餌を求めて沖に集まるジンベイザメを、“間近”で観察できる唯一無二の体験ができます!スキューバダイビングでジンベイザメを下から見たり、一緒に泳いだり、一生の記憶に残ること間違いなしです!

そんなジンベイザメとの遊泳体験を実現するまでのマニュアルを簡単に纏めて綴っていきたいと思います。



目次【本記事の内容】

1. オスロブはどこにある?

オスロブはセブ島の南東部に位置する地域で、セブシティから車で約4時間かかります。

セブ島観光ではセブシティは当然ながら、近くのボホール島観光、チョコレートマウンテン等、非日常感を味わえるスポットが点在しています。

Whale Shark Watching

そんなセブ島観光の候補に、オスロブのジンベイザメ鑑賞&遊泳体験は欠かせないもので、多くの観光客が貴重な体験を求めてオスロブを訪れます。




√ オスロブへの行き方とバスに関して

Whale Shark Watching

自力で行くなら、セブシティのサウスバスターミナルからオスロブ行きのバスが出ています。ジンベイザメは午前中に餌を求めてやってくるので、午後にはもういなくなる為注意。

つまり、朝10時頃には、オスロブで遊泳体験ができるように朝4時頃のバスでセブシティを出発する必要があります。

<サウスバスターミナルからの行き方>

住所:N. Bacalso Avenue, Cebu City, 6000 Cebu, フィリピン

バス時刻表こちらをクリックすれば確認できます。

バス会社は”SUNRAYS” 或いは “CERES”。朝4時頃にバス停にいる観光客はほとんどオスロブへ行く観光客だと思います。

バスの行き先の標記は、”Bato via Oslob“或いは”Oslob“であるか要確認です。

バスは30分に一本程度ですが、定員なり次第出発ですので、早めにオスロブ行き又は経由のバスを探し出し乗車しましょう。乗車後に料金の支払いになります。

<服装に関して>

私が赴いた10月頃は未だ常夏で半袖で十分でしたが、バスの車内はエアコン付きの場合、東南アジア特有の寒い車内も考えられる為、羽織るものを持っていくのがベスト。

2. オスロブ観光マニュアル(代理店、レストラン)

Whale Shark Watching

セブシティのサウスバスターミナルから出発すること約4時間。

バス進行方向左側からオスロブの浜辺が見えてきます。

右サイドには木造の集落が立ち並んでおり、海辺の町の雰囲気が漂ってきます。

この第2章では、私が実際にジンベイザメとの遊泳体験をしたツアー会社と近辺の食事処を紹介します。

√ Oslob Whale Shark Watching

Whale Shark Watching

住所:Natalio Bacalso Avenue, Oslob, 6023 Cebu, フィリピン

営業時間:朝6時〜昼12時。(ジンベイザメは午前中にしかいない。)

HP:こちらをクリックすると店の詳細な価格等が見れます。(全て英語)

<予約>上記のHPにて予約可能ですが、実際当日直接申し込んでも参加できます。私は直接値段交渉して参加しました。

<コース>シュノーケリングとダイビングの2つから選択可能。正直シュノーケリングの方が安くて安心だと思いますが、せっかくならダイビングで下からジンベイザメを眺め、一緒に水中を泳いだ方が満足度の高い体験になるとは思います。料金もさほど変わらないので。

√ Aaron Beach Resort

Whale Shark Watching

住所:Natalio Bacalso Avenue, Oslob, 6023 Cebu, フィリピン

HP:こちらをクリックすると店の詳細が見れます。(全て英語)

先ほどのダイビングショップから徒歩5分圏内にあるレストラン兼ダイビングショップ。

ダイビング終わりにフィリピン料理を味わえる。

加えて、サンゴ礁が見える透き通った海を眺めながらランチができる。

私にとって史上最高のシチュエーションでのランチでした。

Whale Shark Watching



3. ジンベイザメとの遊泳体験

第3章からジンベイザメとの遊泳体験を記録していきます。

店には更衣室があり、予め水着に着替えてから参加しましょう!

① スキューバガイドさんから呼吸の仕方やジンベイザメとの泳ぎ方を教えてもらう。浜辺で直接手取り足取り教えてもらえるので安心。

Whale Shark Watching

② 沖へ向かって泳いでいく。スキューバ初心者でもガイドさんが手を引いてくれるので心配なし!

Whale Shark Watching

③ 少し泳ぐと魚影が見てきます。この巨大なシルエットは…ようやくご対面!

Whale Shark Watching

④ ジンベイザメに大接近!!!餌やりの現場を水中で観察。

Whale Shark Watching

⑤ ものすごい勢いで豪快に餌を水ごと飲み込んでいます。まさに大迫力!

Whale Shark Watching

⑥ 引き続きサンゴ礁の海でスキューバダイビングを楽しむ。

Whale Shark Watching
太陽に照らされるジンベイザメ
Whale Shark Watching
目の前を通過していくジンベイザメ
Whale Shark Watching
餌に必死のジンベイザメ
Whale Shark Watching
真上を通過していくジンベイザメ

⑦ 最後にジンベイザメとの記念撮影

水中カメラは、約550ペソほど(1,100程度)でレンタル可能です。

カメラのSDカードを持参していくのも良いですし、店側がCDに焼いてくれるサービスもあります。

Whale Shark Watching
正直30分程度は時間が取れると思うので、なんども撮影のチャンスはあります。



4. まとめ

Whale Shark Watching

フィリピン・セブ島。

おそらく語学学習やリゾート観光で訪れる方がほとんどだと思います。

その限られた時間にオスロブのジンベイザメとの遊泳体験は不可欠と言って良いほど経験する価値があり、一生の思い出に残る体験になると考えます。

近いうちにセブ島旅行をお考えの方。ぜひご検討ください!!!

今回はここまで!!!

又次回もご覧ください!では、再见!!!

・関連リンク

🇵🇭本当に美味しいバナナチップス紹介!

🇵🇭サンフアンでお得にサーフィン体験!

🇵🇭バギオ市内のオススメカフェ紹介!

🇵🇭バギオ語学留学を成功に導く秘訣紹介!

【2019最新版】Help Long Long 語学学校の留学マニュアル!

【食事編】国境フェチが選ぶ ASEAN10ヵ国 ランキング!

【治安編】国境フェチが選ぶASEAN10カ国ランキング!

セブ島で野生ジンベイサメと一緒に泳ぐ夢の体験を!【PTN Travel Corp】

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。