🇨🇳【大昭寺・色拉寺・哲蚌寺】ラサ周辺のチベット寺院・修道院を巡る

“チベット仏教を学ぶ”

今回は、“チベット仏教寺院”である大昭寺,色拉寺,哲蚌寺を紹介し、チベット仏教を掘り下げる内容を続っていきます。

1960年代の文化大革命で多くの“チベット仏教寺院”が破壊され、数多くの歴史遺産が失われました。今回私は、破壊されながらも修復を経て現在もチベット仏教徒の熱い信仰の対象となっている3つの寺院を訪れ、チベット仏教を学んできました。

ポタラ宮の様に白を基調とする建物が多く、見れば見るほど美しいチベット仏教寺院。その素晴らしい寺院の写真と共にチベット仏教の世界を綴っていきます。

目次【本記事の内容】

✓大昭寺

1. 寺院の概要

ラサ旧市街にあるチベット仏教寺院。

吐魯蕃時代の遺構も残し、チベット最古の土木建築物でもある。释迦牟尼殿、宗喀巴大师殿、ソンツェン・ガンポ等の仏像を配置している。

寺院の外壁は”八廊”と呼ばれ、その周囲の通りを“八廊街”と呼称する。信者は念仏を唱えながらチベット独自の祈り方でゆっくり八廊街を廻って祈りを捧げる。八廊に直接祈るものも多くいる。

手荷物検査あり。入場料は約85元。開館時間:9時〜18時

2. 寺院の歴史

7世紀にチベットを統一したソンツェン・ガンポに嫁いだ唐人妻:文成公主の意志によって建てられた。よって現在まで1300年以上の歴史を誇る。チベット仏教徒の聖地として、熱い信仰の対象となっている。

私のガイドによると、唐人妻:文成公主が寺院の場所を決める際、指輪を投げて落ちた場所に建てることに決定した。結局指輪は真っ白な湖に落ち、落ちた場所にストゥーパ(チベット寺院にある仏塔)の様な物体が現れた。その神秘性も相まって真っ白な湖を埋め立て、大昭寺を建てた逸話が残っているとのこと。

3. 寺院観光の様子

チベット仏教寺院

重々しい手荷物検査のゲートを潜り抜け、八廊街周回ルート手前にでる。

チベット仏教寺院

上記概要で説明した八廊に向かって、各々チベット仏教独特の祈祷方法を以って祈りを捧げる。

<見たまんまの祈祷作法>

立ち上がったまま合掌→膝から地に座り土下座→両手を地面に滑らせながら全身を地面につける→再度膝をつけた状態に戻して合掌→立ち上がる。

上記工程を繰り返している様に見える。

チベット仏教寺院

中に入ると、美しい屏風画、壁画が描かれている空間がお出迎え。

チベット仏教寺院

チベット仏教寺院

美しい境内。個人的に、ブッダの黒髪を青色に塗ったり、僧侶の服装である橙色や赤色を基調とした色使いは好きである。

チベット仏教寺院

可愛い猫もお出迎え。

チベット仏教寺院

撮影禁止空間には、この寺院建設の意志を見せた文成公主やソンツェン・ガンポの仏像等が安置されている。

撮影禁止空間を抜けると、美しい黄金色の建築物が鑑賞できる。本当に美しい。

チベット仏教寺院

大昭寺を出て八廊街を歩き始める。

周回は時計回りと決まっており、逆走することは許されない。。。

チベット仏教寺院

八廊街はかなり現代化(観光地化)が進んでいる模様。

ここを友人との待ち合わせ場所として使用した。

チベット仏教寺院

八廊街の脇には、小規模な寺院があり、信者は立ち寄って念仏を唱えながら上写真の丸太をまわして祈りを捧げる。

チベット仏教寺院

多くの方々が、念仏を唱えながら時計回りに歩いて周回する者もいれば、チベット仏教の祈祷作法を以って周回する熱心な方々もいる。

全身を地に伏してまで祈る彼らの信仰心はまさに尊敬に値する。




✓色拉寺

1. 寺院の概要

ラサ北部に位置し、後述する哲蚌寺と同様のラサ三大寺院の内の一つである。

寺院の周囲は自然と小高い山に囲まれている。

この寺の最も特徴的な光景は、修道院で僧侶たちが独特の勉強方法で学習する様子である。

普段修行僧が幼少期からどの様にチベット仏教の世界で鍛錬を積んでいるのか間近で感じられる寺院である。

措钦大殿、麦扎仓、阿巴扎仓等見所も多く、敷地面積は割と広い。

開館時間:9時〜16時、価格:50元。

2. 寺院の歴史

1419年に绛钦却杰兴(ジャムヤン・チュジェ・サキャイェーシェー)が創建。

日本人で初のチベット渡航者:河口慧海が学んだ寺としても知られる。

1950年代のチベット動乱において、多くの僧侶がチベットを脱出。結果として、亡命した僧侶たちの手で南インドに伽藍が再建され、チベットに残った現色拉寺は残った僧侶で寺組織が再建され、共産党政府の元で寺院として活動を再開している。

3. 寺院観光の様子

チベット仏教寺院

ラサ市北部へと車を走らせる。

チベット仏教寺院

チベット仏教寺院

チベット仏教寺院

色拉寺に到着!多くの参拝客で寺は賑わっておりました。

チベット仏教寺院

美しい青空と白を基調とした建物が連なり、素晴らしい絶景。

チベット仏教寺院

チベット仏教寺院

ただ、あちこちに監視カメラがあるのが気にかかる。。。

チベット仏教寺院

大聖堂入り口。ここから撮影禁止となっております。

中には、曼荼羅や仏像を配置し、中でも马头金剛前には多くの参拝客が列をなしていた。

チベット仏教寺院

ガイドによると、色拉寺で見かける子供達は、鼻の上が黒く塗られており、幼子がぐっすり眠れる様に、泣かない様に等のおまじない要素が込められているそう。

チベット仏教寺院

チベット仏教寺院

ポタラ宮でも見かけた紅色の「ベマ」。寺院のみ使用可能の建築資材である。

チベット仏教寺院

チベット仏教寺院

チベット仏教寺院

チベット仏教徒の勉強風景を垣間見れる勉強道場に到着。

二人一組になって、勉強した経典、ブッダの教えに基づいた問題を立っている僧侶が座っている僧侶に対して出題する。

正解の場合は、手の平でもう片方の手の平を弾き、不正解は手の甲で弾く。そのため、道場には弾く音が鳴り響く。

お互いに刺激しあい、仏教徒としての道を磨き続けている。独特な雰囲気が漂う空間でした。

チベット仏教寺院

チベット仏教寺院

チベット仏教寺院




✓哲蚌寺

1. 寺院の概要

前述した色拉寺と同様、チベット仏教三大寺院の一つ。

周囲は荒野に囲まれた立地で、遠方から鉱石発掘の爆発音が聞こえてくる。

歴代のダライ・ラマはこの寺で修行に励んだそうで、チベット仏教の中でも宗教的価値は非常に高いと言える。

営業時間:9時から14時、価格:50元

2. 寺院の歴史

チベット仏教最高の学僧:ツォンカパの弟子たちによって1416年に建てられた。

ダライ・ラマ3世がモンゴル首長:アルタン・ハーンよりダライ・ラマの称号を授かってから17世紀にダライ・ラマ5世がポタラ宮殿に移るまで歴代ダライ・ラマの拠点であった。

チベット動乱以前には、15,000人もの修行僧が修行に励んでいたが、文革時には多くの伽藍が破壊され、僧侶たちも殺害、拘束、追放されてしまった。

結果、大多数がインドに亡命し、南インドで当該寺院を再建し、活動している。チベットに残った寺院は再建が進んだものの、在籍者は数百人に満たず、巡礼地や観光地としての役割が強い。

3. 寺院観光の様子

チベット仏教寺院
こちらで先ずは入場券を購入します。
チベット仏教寺院
なぜか入り口で狼煙用の草を売るチベット族。
チベット仏教寺院
チベット仏教寺院
チベット仏教寺院

チベット仏教寺院の中でも、哲蚌寺は急勾配な坂が多い印象。高山病が残る方にはきついでしょう。

チベット仏教寺院

数少ない修行僧も急勾配を登っていきます。

チベット仏教寺院

目下には雄大な荒野が広がります。遠くからは鉱石発掘に使用されている爆弾の音が聞こえてきます。

チベット仏教寺院

チベット仏教寺院

絶えず急勾配が続いていきます。階段を遠目で見ると、まるで万里の長城の様です。

チベット仏教寺院

チベット仏教寺院
周辺では犬とヤクが日光浴をしています。
チベット仏教寺院
上写真のお供え仏は、一個5元で販売していたらしいが、現在は仏壇に放置されている。
チベット仏教寺院
岩山の岩ひとつひとつには、色あざやかな仏様が描かれており、参拝者にとっては拝む対象が至る所に散見されるため非常にありがたい丘であろう。
ただ、階段数も多く、一番上まで行くのは至難。
チベット仏教寺院
かつて、瞑想の道場があった祠だが、現在はゴミ置場に成り果てている。
周囲には文革時に取り壊された伽藍が点在しており、弾圧によって文化財だけでなく、宗教的価値も損なわれていることは非常に嘆かわしい。無論、監視の目があり、僧侶たちは公には声を発することはできない為、信仰の自由、表現の自由等、僧侶たちの人権は無いに等しいのでは。
チベット仏教寺院
長い長い階段を登っていき、参拝台がある頂上を目指す。
チベット仏教寺院
チベット仏教寺院
チベット仏教寺院
岩山を間近で見ると、その大きさに圧倒される。
チベット仏教寺院
「ハダ」と呼ばれるチベット仏教徒間での贈り物。
ガイドによると、白色は、祝い事の際の民衆間の最上級の贈り物。橙色は、僧侶に対して送るものだそうです。
チベット仏教寺院
ハダの横には、忘れ去られたバナナがお供えしてありました。
チベット仏教寺院
チベット仏教寺院
▲丘の一番上
岩山が険しすぎて、頂上まで行くのは諦めました。歩きすぎると高山病を発症する可能性もあり、無理は禁物です。
チベット仏教寺院
横から寺院群を見渡すと、以前全宗教の中でも最大規模の建築物だったことが理解できます。
チベット仏教寺院
トイレ休憩。伝統的なチベットのトイレでした。この穴の上に立つと、匂いがきつすぎて呼吸ができなくなります。
チベット仏教寺院
こちらが、寺院群の入り口。
チベット仏教寺院
チベット仏教寺院
こちらから撮影禁止になります。中では、修行中の仏教徒が列をなし、一斉にお経を唱えていました。まさに圧巻。写真は当然禁止ですので、実際の様子をシェアできませんが、ガイドさんは相当感動している様子でした。
チベット仏教寺院
寺院群の外に出ると、各国の観光客が置いていった紙幣と、中央に貼られているチベットで過去使用されていた紙幣を見ることができます。野口英世さんも貼られています。
チベット仏教寺院
チベット仏教寺院
▲大本殿と見晴らし
チベット仏教寺院
チベット仏教寺院
▲白に統一された美しき寺の街道
チベット仏教寺院
チベット仏教寺院
▲修行僧も一見仲間と和気藹々と修行している様に見える
色拉寺と比較すると、宗教的価値をかなり削がれている印象を受けた。
ただ、その圧倒的な規模感はかつて1万人以上の修行僧が在籍していたことを容易に想像させる。
修行僧が政治的な理由で信仰が阻害されない世の中が来ることを心から願うばかりである。政府による管理が厳しく難しいですが。。。

✓チベット仏教を学んだ感想

チベット仏教は、インドより7世紀ごろから伝来した大乗仏教とチベットの土俗信仰が結びつき形成され続けてきた宗教。

チベット仏教寺院

私が高校時代に学んだ曹洞宗も大乗仏教の流れを組む宗派。いわゆる“只管打座”(座禅)を通して身と心に安らぎを与え、内から仏の姿を目指すというもの。

個人的には、私の仏教観は曹洞宗からの影響が強いので、今生きているこの世界で座禅と報恩感謝を意識して行えば救われるといった偏った認識でした。

チベット仏教寺院

ただ、チベット仏教は次期ダライ・ラマの決定方法然り、転生を前提としており、現世での行いが来世でも起こる気持ちで一瞬一瞬を大切に生きているということ。

実際、私が知り合った多くのチベット人が念仏を心で毎分毎秒唱えていたり、念仏メーターを指に付けて目視で唱えた回数を確認できる様にしたりと、チベット仏教徒の熱い信仰心が垣間見えました。

私自身熱心な仏教徒ではありませんが、彼らの一瞬一瞬を大切に生きる教義は感銘を受けました。日々の行いが来世に反映される=日々の努力は転生後も生かされるという様に解釈する事で、身が引き締まると思います。

彼らの熱い信仰心を垣間見たが故に、現在のチベット仏教との状況には悲しさを覚えます。彼らが転生後、自由に信ずるままに信仰できる世の中になっている事を願うばかりです。

今回はここまで!

次回は、ラサの食事や豆知識を綴っていこうと思います。

ではまた次回!再見!

・関連リンク

🇨🇳世界遺産ポタラ宮!主人無き宮殿の現在は?

🇨🇳チベット鉄道 標高5千メートルを駆け抜ける!

🇨🇳世界最大の天空に浮かぶガラス空間:古龍俠に行ってみた!

🇨🇳少数民族訪問!広東省瑤族の千年瑤寨訪問記

🇨🇳真冬の青海旅行!中国最大の湖と目下に広がる大草原

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。